ヴィタール

塚本晋也監督作品「ヴィタール」を観た。

❖ヴィタール❖  vital
命の。生命の。活気のある。
生命維持に不可欠な。

浅野忠信さん主演。
すごく綺麗な映像。
物語もどこか抽象的なんだけど、リアル。
命の飛躍の踊りに涙がじんわり。

色んな意見があるんだろうけど。
これはハッピーエンドの物語だと思う。

やっぱり塚本晋也監督はすごい。
この作品の構想に約10年の歳月をかけたそう。
人生の中の10年て大きいよね。

膨大な数の生命が生まれては死ぬ。
ごうごうと移り行く時の流れの中に。
流れない何かを残そうと思ったら
これぐらいしなくちゃならないのだね。

しなくちゃとかじゃないんだろうな。
多分。

浅野忠信さんもちょっと好きになった。

素敵な作品でした。

眠くなってきたな。
ぐっすり眠ろう。

おやすみなさい。a0055854_0453643.jpg
[PR]
by umemomosakuraturu | 2005-11-14 00:44 | 映画♪
<< 流線形 Happy day >>